• ロック

おおた高齢者見守りネットワーク(みまーも)

2年生保健師課程を目指す学生さんの選択必修科目、「健康生活支援論I」では、

ゲストスピーカーの澤登先生にお話ししていただきました。


途中で、講義室のプロジェクターが不調で電源が落ちてしまいましたが、液晶パネル画面の前に移動してもらい講義続けました。

(大変失礼しました。点検を依頼しております。)


病院、地域包括支援センターが、地域の健康を支える拠点として、地域の商店街や、協賛企業や事業所とのネットワークづくりなど新たなネットワークとしての活動を知ることができました。


コロナ禍にあっても、できることをコツコツと継続していく大切さを実感しました。

また、人と人を繋ぎ、地域のネットワークを構築して、またそれらをコーディネートすることの重要性がわかりました。


澤登先生、貴重なお話をありがとうございました。

コロナ禍、できることを続けていこうと思いました。


みま~ものホームページはこちら!


25回の閲覧